スキンケア

2019年 私のベストコスメ スキンケア♩

今まで私が犯していた大きな勘違い、それは「綺麗な肌質の人は生まれつき綺麗で、私は生まれつき汚い肌だから仕方ない」という思い込み。2019年後半、コスメに求める役割が自分の中で明確になってきました。それらを振り返りながら、2019年の私のベストコスメ「洗顔編」「美容液編」「化粧水編」「リップケア編」「オールインワン美容液クリーム編」「日焼け止め編」をまとめました。
iHerb購入品

L-システインで本当に肌が白くなる?どの程度美白されるの?【写真あり】

L-システインで本当に肌が美白されるのか?2週間L-システインを飲んで実験しました【写真あり】。L-システインの作用、副作用の説明。L-システインで二日酔い予防?!美白だけでない、意外な解毒作用とは。L-システインは、サプリのブランドによって効果の出かたが違う…など、L-システインに関する情報を写真つきでレビュー。
iHerb購入品

美肌サプリ「Lシステイン」の効果を写真つきでレビュー【iHerbでリピート購入】

美肌のために私がiHerbで購入したサプリメント一覧。iHerbで割引購入できる紹介コードあり。
肝斑

しつこい肝斑を根本解決したい!血管と肝斑の関係について(仮説)

茶色くなった部分はレーザートーニングすればいい。でも時間もお金も根気も果てしなくかかる上に、根本の原因が不明なままだと、また簡単に再発するんですよね。 しつこい肝斑を根本解決したいと思いませんか?そこで、管理人が自ら仮説を立てて、顔面を張って検証してゆこうと思います! 今回は根本原因を考える第一回。血管と肝斑の関係からみる根本治療について(仮説)。 写真は全てフィルター無し、スマホ外カメラ最大解像度。肝斑との本気の戦いの始まりです。
トランサミン(トラネキサム酸)ほか内服

肝斑と診断されるまでの長〜い道のり。そしてついにキレて暴挙に(笑)

ついに肝斑をやっつけると決めるまでのエピローグ。 肝斑撲滅のためにやったすべての対策と、肌の変化を写真つきでご紹介します。 3~4年くらい両ほほに「もやぁ~」っとした茶グスミが居座っていて気になっていたモノ。皮膚科でもなかなか診断がつかずに鬱々としていましたが、ついに肝斑であるとわかり、肝斑を撲滅する決心をするまでのエピローグです。
タイトルとURLをコピーしました